決まる!レシピ

 

ニュートリパン プロモーターとして大活躍された「ニュートリパンチャレンジ2010」上位入賞者の皆さまが、「決まる!レシピ」を大公開。「この料理をデモンストレーションして決まった!」というニュートリパンの良さをギュッと凝縮した大好評レシピを紹介してもらいました。ぜひ皆さまのレパートリーに加えて、今まで以上にニュートリパンをご活用ください。

 
うちカフェ、お手軽ワンプレートクッキング

決まるポイント

残りごはんや野菜で、手軽にライスバーガーが作れます。ごはんの量、具材はお好みにアレンジできます。 

料理名
ライスバーガー
ライスバーガー
材料
(1人分)
ごはん(温かいもの) 200g
鶏ささみ 1本
玉ねぎ輪切り(大) 外側1枚(厚さ7~8mmの輪切り)
野菜(お好みの野菜でOK) 適量
レタス 適量
のり 適量
片栗粉 小さじ1
卵 1個
マヨネーズ 少々
酒 少々
しょうゆ 少々
粗びきこしょう 少々
作り方
  1. ボウルにごはんを入れ、片栗粉を混ぜ合わせる。
  2. 1を二等分して丸くきつくにぎり、ラップを広げた上にのせ、その上にさらにラップをかぶせる。
  3. 2の上にまな板やお皿など底が平らなものをのせ、食べやすい厚さに押しつぶす。
  4. 3を丸く整え、ラップを外す。
  5. 鶏ささみは筋を取り、酒、しょうゆ、粗びきこしょうをする。
  6. ニュートリパンに4、5、玉ねぎの輪切りをのせ、その中に目玉焼きを作るように卵を割り入れる。
    開いているスペースに付け合せの野菜をのせる。
  7. 蓋をして、ごはん両面に焼き色がつくように弱火で3~5分焼く。
    ※材料によって火通りが違うので、焼けたものから皿へ取り出す。
  8. 焼きあがったらごはんの内側にマヨネーズを塗り、のり、レタス、鶏ささみ、卵の順に重ねる。付け合せの野菜を盛りつけてできあがり。
  田嶋 裕子 様
レシピご提案者:田嶋 裕子 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
満足感たっぷりのヘルシースイーツ

決まるポイント

おからが入っているので、食物繊維たっぷり!!
粉類はビニール袋に入れて混ぜることで、ふるいにかける手間が省けます。

料理名
おからのブラウニー
ブラウニー
材料
生おから 120g
米粉 50g
無糖ココア 40g
ベーキングパウダー(アルミニウムフリー(みょうばん不使用)のもの) 小さじ2/3
塩 ひとつまみ
砂糖 170g
エキストラバージンオリーブオイル 80mL
卵 3個
チョコレート 50g(粗みじんに刻む)
作り方
  1. ボウルに卵を割りほぐし、塩、砂糖を加え、泡立て器で混ぜる。
  2. 1.へエキストラバージンオリーブオイルを加えて混ぜ、さらにおからを入れ、おからのだまがなくなるまでしっかり混ぜる。
  3. 米粉・ベーキングパウダー・無糖ココアをビニール袋に入れ、よく振って混ぜ合わせる。
  4. 2.の中へ3.を入れ、ゴムベラで混ぜる。さらにチョコレートを半量加えて混ぜ、ニュートリパンに流し入れる。残りのチョコレートは表面に散らし、蓋をして弱火で25分焼く。(途中で、2,3回蓋についた水滴をキッチンペーパーで拭き取る。)竹串を刺して生地がつかなければできあがり。
  5. 粗熱が取れたらお皿に切り分け、お好みで粉砂糖や生クリームをトッピングする。
  田嶋 裕子 様
レシピご提案者:田嶋 裕子 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
材料も作り方も手間いらずのお手軽パスタ

決まるポイント

スパゲッティーが硬いときは、途中で水、トマトジュースを足してもOK。
ニュートリパン1つでかんたんにできるというのもうれしい。

料理名
ありもの野菜のトマトパスタ
ありもの野菜のトマトパスタ
材料

スパゲッティー 150g
ウインナ- 適量(切り方はお好みで)
※ウインナーの他にベーコンでもOK
野菜(お好みの野菜でOK) 適量(切り方はお好みで)
トマト 1/2個(角切り)
※生のトマトがなければ缶詰のカットトマト 大さじ2
水 350mL
トマトジュース 150mL
トマトケチャップ 大さじ2
にんにく 1片(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ1
塩 適量
こしょう 適量
ドライバジル 適量
粉チーズ 適量
作り方
  1. ニュートリパンに水、トマトジュース、にんにく、オリーブオイルを入れ、蓋をして中火で加熱する。
    沸騰してきたらスパゲッティーをそのまま入れる。
  2. スパゲッティーがくっつかないよう、途中箸でほぐして混ぜながらゆでる。
    ※目安はスパゲッティーの茹で時間。
  3. スパゲッティーに火が通ったら、ウインナー、野菜、トマトを入れ、中火で加熱する。
  4. トマトケチャップ、塩、こしょうで味つけし、ドライバジルと粉チーズをあえる。
  南里 知子 様
レシピご提案者:南里 知子 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
ひとつで二度おいしい簡単炊き込みごはん

決まるポイント

ニュートリパンで作れば魚焼きグリルを洗う手間がなく、魚の臭いが出ません。
西京漬けや粕漬けの切り身を使うことで、手軽に作れ、魚の骨がとりやすいことがおすすめです。

料理名
2度おいしい、銀ダラの西京漬け炊き込みごはん
2度おいしい、銀ダラの西京漬け炊き込みごはん
材料
(4人分)
米 2合
銀ダラ西京漬け(西京漬け・粕漬けであれば、どの魚でもOK) 2切れ
しょうが 3片(みじん切り)
酒 30mL
水 330mL
無添加の顆粒和風だし(かつおだし(塩分、化学調味料なし)) 5g
薬味ねぎ 少々(小口切り)
だし汁(液体白だし汁の素でスープを作る) 800mL
きざみのり 適量
わさび 適量
七味唐辛子 適量
作り方
  1. 米は洗い30分水につけ、ざるにあげておく。
    (塩分が入る炊き込みごはんは水分吸収率が悪くなるので、30分は水につけておいたほうが良い。ただし、それ以上つけておくと、できあがりがビチャビチャとした感じになるので注意。)
  2. ニュートリパンに米、銀ダラ、水、顆粒和風だし、しょうが、酒、魚が漬かっていた西京味噌をすべて入れ炊く。骨をとりやすいように、銀ダラは一番上にのせる。
  3. 中火で2分半、沸騰したらとろ火で15分加熱した後、火を止め10分蒸らす。
  4. ニュートリパンの中で銀ダラをほぐして骨を取り、混ぜたらできあがり。
    一杯目は薬味ねぎだけをのせて食べ、二杯目はだし汁にきざみのり、お好みでわさび、七味唐辛子などを入れて食べるとおいしいです。
  荻原 桂子様
レシピご提案者:荻原 桂子 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
「ゆで・焼きいらず!お手軽グラタン」

決まるポイント

素材のうま味とコンソメが味の決め手。どなたが作ってもおいしくできあがります。

料理名
超カンタン・ナンチャッテグラタン
超カンタン・ナンチャッテグラタン
材料
玉ねぎ 大1/2個(薄切り)
パプリカ 大1/2個
(1~1.5cmくらいの厚さにスライス)
A マッシュルーム(缶詰) 100g
B ブロッコリー 1/2房(一口大に切る)
C 冷凍小えび 120g(解凍しておく)
D ベーコン 100g(食べやすい大きさに切る)
マカロニ(ゆで時間4分のもの) 120g
小麦粉 大さじ3
バター 30g
コンソメ 24g(固形なら3個)
牛乳 500mL
生クリーム 100mL
とろけるチーズ 150g
作り方
  1. ニュートリパンに玉ねぎをしきつめ、A~Dの順に材料を入れる。
  2. 1の上にマカロニをそのままのせ、小麦粉をまんべんなくふり、バター、コンソメを入れる。
  3. 2に牛乳を注ぎ、蓋をして中火で約5分加熱する。
  4. 牛乳が沸騰したら、弱火にして蓋をとり、マカロニ同士がくっつかないようにヘラで全体をよくかき混ぜ、また蓋をして約10~15分ほど加熱する。マカロニが煮えるまで、2回くらい混ぜる。
  5. マカロニがやわらかくなったら生クリームを入れてよくかき混ぜる。パプリカと、とろけるチーズをのせ蓋をする。
  6. チーズがとけ出したら火を止めてできあがり。
    ※ 小えびを鶏肉、アサリに変えてもおいしくできます。マカロニをパスタに変えればクリームパスタになります。
  田久保 浩章 様
レシピご提案者:田久保 浩章 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
「くるくる巻くのが楽しいバームクーヘン」

決まるポイント

ニュートリパンはノンスティック加工で、繰り返し生地を焼いても焦げつかず、バームクーヘンがきれいに はがれるので作りやすいです。

料理名
バームクーヘン
くるくる巻くのが楽しいバームクーヘン
材料
A 
無塩バター 60g 
よく溶かす
グラニュー糖 30g
はちみつ 大さじ1
牛乳 100mL
バニラオイル 少々
B 
薄力粉 50g 粉をふるっておく
コーンスターチ 40g
卵黄 2個分
卵白 2個分
グラニュー糖 30g
作り方
  1. Aをボウルに入れてゴムベラで混ぜる。次に卵黄を加えて混ぜ、Bを加え、さらに混ぜ合わせる。
  2. 別のボウルに卵白を入れて、グラニュー糖を3回に分けて加え、ハンドミキサーで角が立つまで泡立ててメレンゲを作る。
  3. 2を1に3回に分けて加え、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  4. ニュートリパンにお玉1杯分の生地を流し入れ、パン全体に広がるように薄くのばし、蓋をして中弱火で3分ほど焼く。
    ※生地は、お玉の底を使って広げるとのばしやすい。
    (ナイロン製のお玉など、ニュートリパンを傷つけない素材のものを使用)
  5. ほど良い焼き色がついて表面が少し乾いてきたら、くるくると巻き、皿へ取り出しておく。
    ※表面は完全に乾いてしまうと、生地がつかず巻けなくなるので乾く前に巻くようにする。
  6. 2枚目の生地を同じように焼き、表面が少し乾いてきたら、5で巻いた生地を芯にして、さらに巻く。卵焼きの要領で生地がなくなるまでくり返し焼いて巻く。
  矢野 真弓 様
レシピご提案者:矢野 真弓 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
「野菜とお肉のうまみで十分!ロール白菜」

決まるポイント

ニュートリパンは保温性が高いので、加熱時間も短くてすみ、余熱で中までしっかり火が通ります。
ニュートリパンで調理すると素材本来の味が引き出されるので、固形スープなどを加えなくても十分おいしくできあがります。

料理名
ロール白菜
ロール白菜
材料
A 
合いびき肉 300g
卵 1個
おから 50g
牛乳 大さじ2
塩 少々
こしょう 少々
玉ねぎ 150g みじん切り
白菜の芯 100g
白菜葉の部分 8枚
トマト 1個 輪切り
レタス 適量
水 大さじ1
ポン酢 適量
作り方
  1. ニュートリパンに白菜の葉をしきつめ、みじん切りにした芯の部分をおく。大さじ1の水を加え、蓋をして弱火で5分ほど蒸し焼きにし、冷ましておく。
  2. Aをすべて混ぜ合わせ、8等分に分けて俵型にする。
  3. 白菜の葉は芯の部分が手前になるようにおき、2を中央にのせ、手前からひと巻きする。
    葉の左側だけを中に折り、巻く。巻き終わったら、右側の葉を内側に押し込み形を整える。
  4. 3の巻き終わりを下にしてニュートリパンに並べる。蓋をして中火で約10分加熱したあと、火を止め余熱で5分ほどおき中まで火を通す。
    ※白菜から水分が出るので、水は入れません。
  5. ニュートリパンから取り出し、皿に盛る。トマトの輪切り、レタスを添えてお好みでポン酢をかけていただく。
  宮本 すぎ 様
レシピご提案者:宮本 すぎ 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
「素材の味が活きる肉だんごの簡単スープ」

決まるポイント

油を使わず、食材に含まれる水分ですばやく調理できます。
肉だんごのうま味がしっかりスープに活きておいしくいただけます。

料理名
バリの思い出ダイヤモンドスープ
バリの思い出ダイヤモンドスープ
材料
A 
鶏ひき肉 100g
豚ひき肉 100g
小ねぎ 適量(小口切り)
しょうが 1片(みじん切り)
ごぼう 15cmくらい(みじん切り)
人参 5cmくらい(みじん切り)
B 
塩 ひとつまみ
しょうゆ 小さじ1/2
片栗粉 大さじ1
大根 10cm(拍子木切り)
水菜 適量(5~6cmの長さに切る)
人参 5cm(薄切りにして型を抜く
(写真は象の型でバリ風に))
白だし 小さじ1
塩 小さじ1/2
作り方
  1. 肉だんごの材料Aに調味料Bを入れて混ぜ合わせ、9~12等分し、だんご状にまとめる。
  2. 肉だんごは真ん中に少しくぼみをつけ、ニュートリパンに並べる。
    蓋をして火にかけ、片面2~3分、裏返して1~2分、軽く焼き色をつけたら皿に取り出しておく。
  3. ニュートリパンを軽く拭き、大根をニュートリパン全体に広げるように入れる。
  4. 肉だんご、人参を並べ、周りに水菜を入れて蓋をし、野菜から水分が出るまで中火で加熱する。
  5. 野菜から出る水分で足りなければ水を足し、白だしと塩で味を整える。
  山口 和代 様
レシピご提案者:山口 和代 様
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。
免責事項
当サイトに掲載されている投稿レシピは、デモンストレーション用に最小限のステップで紹介されている旨ご了承のうえ、ご自身の責任の元調理にあたってください。
加熱時間や火加減は、材料に火が通るまでの目安ですので、必要に応じて調整してください。