焼き茄子のディップ
(ヘルシーレシピ)
エネルギー 塩分
80kcal 0.6g

※エネルギー・塩分は1人分です。

料理解説
からだの余分な熱を逃がすカリウムと水分を多く含む夏野菜の代表、茄子を使います。ニュートリパンで蒸し焼きにした茄子はとても甘味がアップします。この甘味を増した茄子と夏野菜をふんだんにいれたディップです。パンに添えたり、肉・魚を焼いたものにソースとして。または冷製パスタのソースとしても活用でき、バリエーションが豊富です。
材料
茄子 3本 赤玉ねぎ(みじん切り) 大さじ2
きゅうり(みじん切り) 大さじ1 赤パプリカ(みじん切り) 大さじ1
バジル 2枚 レモン汁 大さじ2
塩 小さじ1/2 こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2
作り方
  1. 茄子はかまを切り取り、箸で穴を開け、ニュートリパンで蓋をして蒸し焼きにする。
    途中転がしながら焼き、皮をむきフォークなどでつぶす。
  2. ボウルに①の茄子、レモン汁、オリーブオイル、塩、こしょうを入れてよく混ぜる。この中に赤玉ねぎ・きゅうり・赤パプリカ・バジルを混ぜ合わせる。
  3. パンなどにつけてお召し上がりください。

    ※このディップは、焼いた魚・肉にかけてソースとしても、また冷たいパスタに絡めると茄子の冷製パスタにもなります。